カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ブラザーのプリンタを愛用しています

最初に購入したプリンタはヒューレットパッカード社の製品でしたが、パソコンと一緒にセット販売されていたので積極的理由で選んだものではありませんでした。使い勝手はよかったのですが近くの大型スーパーにはインクカートリッジが置いてなく、2駅離れた家電量販店に買いにいかなければならず不便でした。

3年ほどたちプリンタの下が赤くなっていることに気づいたので、調べたところインクカートリッジからインクが漏れていることを発見しました。廻りには大事なものが置いてなかったので助かりましたが、ヒヤリとしました。

年賀状はインクジェットプリンタで作成していたので新しいプリンタとしてブラザー社を選びました。インクカートリッジの入手性がよいことと、4色でまかなえることが大きな理由です。画質自体にはそれほど固執していなかったので、他の会社に見られる6色も必要ないと思ったからです。

このプリンタも3年ほど経つとインクが突然でなくなりました。分解して調べましたが原因はよくわかりませんでした。丁度新しいインクカートリッジを購入したところでしたので何とか治らないかいろいろいじってみましたがダメでした。インクカートリッジは意外に高いので同じブラザー社の製品なら使用できるのかと思いネットで検索してみましたが、すでに対応するプリンタは販売停止になっていました。

メーカーの戦略だと思いますが、前任機との互換性も考慮してもらえると助かります。使用したインクカートリッジはすべて純正にしています。過去のトラブルから純正にしていた方が長持ちするのではないかという期待を込めて選択しているので、実際のところ互換インクカートリッジでも良い気がしますが不安感はあります。

非純正インクカートリッジについて

エプソンのインクジェットプリンターを使用しています。
本体価格はお手頃なのはいいのですが、インクカートリッジが高いです。

純正だと5000円くらいしますので、非常にコストパフォーマンスが悪いです。
せっかく本体があって使えるのだから、プリントしなくてはいけないときは使用しています。

でもあまりにもインクカートリッジが高いので、つい非純正インクカートリッジの価格に惹かれて購入して使ってみることにしました。
価格は純正の1/10くらいです。

ただ非純正は感知しないものがあり使用できないものがありました。
純正ならもし感知しなければ取り替えてくれますが、非純正はダメですね。

そこは安いのでしかたありません。後、非純正は詰まりが多い気がします。

特に冬は乾燥するかもしれませんがあまりプリンターを使わないので、久々に使用するとインクが出てこないことが多いです。
そうするとなんどかクリーニングを行うのですが、その作業を行うとインクがかなり早く減ります。

安い非純正なので我慢しますが、今度買い替える時はもう少しコストパフォーマンスのよいメーカーを考えるかもしれません。
エプソンは本体は安いですが、インクカートリッジが高いというのは有名な話ですからね。

プリンターは重宝していますがコストはかかります

ノートパソコンを購入したときにHPのプリンタがセットになっていたのを使用したのが、インクジェットプリンタの使い始めでした。ほとんど年賀状を印刷するときにしか活用していませんでしたが、2年ほど経過すると、動作しなくなり買い替えることにしました。6色インクを使用していたので、インクカートリッジを交換するのがコストがかかっていたので、エプソンの4色搭載機を選択しました。

3年ほど使用して、純正インクを5回ほど交換する頻度でした。5回目に消耗ランプが点灯したので、本来黒色だけでよかったのですが、全色のインクカートリッジを購入しました。交換しようとしてときに、プリンターが突然動作しなくなりました。よく見るとプリンターの下から赤いインクがこぼれて机の上に広がっていました。

試しにねじを外して分解してみたら、インクカートリッジのつなぎ目あたりからこぼれていました。故障していたと確信したので、新品を購入することにしました。新品のインクカートリッジを購入したばかりなので同じエプソン品を選ぼうと家電量販店にいきましたが、該当するプリンターはすでに販売していませんでした。新製品とは互換性がないのがメーカーの戦略のようです。少しショックでしたが、エプソン製品自体は良かったので、WiFi対応機を購入することにしました。有線でないので、どこらでもデータを送信できるようになり、便利になったので買い替えて良かったと思っています。